ショッピングカート


カート内に商品がありません。

お買い物を続ける

MyPage

My Page

Cart

Cart

Column


最近、エアコンの生産が例年にくらべて追いついていないことを耳にしました。今のうちに壊れていないか、冷房が付くかどうか確認しておくといいかもしれませんね。そんな夏に欠かせない冷房ですが、身体を冷やして体調を崩してしまうことも。ここでは夏の「冷え」対策についてご紹介します。


クーラーがよく効いた場所から暑い屋外に出るなど、気温差が激しい場所の出入りを繰り返すことが原因で起こる体調不良のこと。体や手足の冷え、体のだるさ、疲れやすさ、頭痛、肩こり、下痢など様々な症状がみられます。



夏はアイスクリームや冷たいドリンクなど、冷たいものが欲しくなりますが、冷たいものばかり摂りつづけていると、内臓が冷えてしまいます。胃腸が弱り消化機能が低下してしまうため、体調を崩してしまうことも。そのため身体を温める食事をするように心がけましょう。しょうが、にんにく、唐辛子などの香辛料やスパイスは体を温める働きがあるのでおすすめです。



電車内やオフィスなど公共の場では、自分でクーラーの温度調節は出来ません。おすすめは、カーディガンなどの薄手の羽織りや、ストール、膝掛けなどを活用すること。肌寒く感じたらサッと羽織れるようにしておきましょう。
身体を動かすことで血行が良くなり、冷えを軽減することができます。昼間は暑いので朝や夕方に。軽く散歩をするだけでもおすすめです。熱中症にならないように、水分補給はしっかりとりましょう。
夏場はシャワーだけの方も多いと思いますが、身体の冷えを取るなら湯船にしっかり浸かるのがおすすめ。お湯の温度は38℃~40℃とぬるめに設定し、のぼせないように水分補給をしながら15分ほど浸かりましょう。入浴にはリラックス効果もあるため、一日の疲れをとることも出来ます。


筆者の私も、夏場はよくクーラーの効いた部屋でお腹を壊してしまうことがありました。今年はそうならないためにも、工夫をしていこうと思います。みなさんもぜひ、実践してみてくださいね。



暮らしのポケット


うつくしい沖縄の伝統工芸クーラーとの上手な付き合い方梅雨も毎日楽しく過ごす雨の日でも快適に洗濯しよう今治タオルの魅力暑い夏も心地よく。お家でエスニックレシピブライダルのあれこれ大切に使うために知っておきたいこと自由なアイデアで楽しむ便利な作り置きバスケットの使い方母の日のあれこれもうすぐ桜の季節季節の変わり目の服装のはなし春の味わいをつめこんで手書きを楽しむ長く、大切に。大切な人へ贈りたいミモザのはなしレモンを使った簡単レシピ暖かく重ねて出産祝いを贈るお気に入りで気持ちよく寒い冬にゆっくりほっこりと。温かなドリンクで体を温めましょう。神様からのメッセージ上質な素材を楽しむ年末大掃除お正月の7つのいわれシュトーレンを作ろう!働く家族へメッセージ愉しむバスタイムポトフとスープの鍋レシピウール素材の特徴と手入れ秋の楽しい過ごしかたコーヒーが恋しくなる季節に衣類の総点検ごはんを美味しく簡単に幸運のモチーフを贈る

わたしのすき


ストライプジュート4 スリッパモルンペイントフラワー スカーフフラワーベース(ツヤストライプ)ベイカー マグカップマルチライト ポーチポシェットrelacks2 ソックスウッドアニマル 鍋敷きチェルキー5 ショルダーバッグガレット オーバルプレートストライプタイプライターシボストライプ ミニポーチレジンクロック(掛け置き時計)